先輩インタビュー
img1

title1

大学在学中、100円ショップで3年間、接客のアルバイトをしていました。内向的であった私は、お客様との会話にたいへん苦労しました。正しい日本語(敬語)を使うことは勿論のこと、会話の「間」にも気を使うようにしたところ、少しずつコミュニケーションが取れるようになり、最後にはお困りの様子のお客様を見つけると、こちらから話しかけるまでになりました。お客様のご要望を解決した時に「ありがとう」「助かりました」などと言って頂くことに喜びを感じるまでになり、営業職に興味を持つようになりました。

img1

title1

企業研究を進めるうちにイシダテクノを知りました。聞きなれない社名でありましたが、スーパーや百貨店などとの取引をしていることを知り、偶然、父親が長年スーパーに勤めていたため相談をしたところ、父親のスーパーとも取引がありました。イシダテクノは古くからお客様と強い信頼関係があり、実直な会社であること。計量機器の販売、修理のみでなく、機器の製造、システム開発、海外取引を始めるなど変革期であることを聞き、私も一緒に成長したいと思い入社を決意しました。

img1

title1

入社後、新入社員研修が終わるといよいよ社内ドラフト制度が始まります。これは配属先を決めるため、営業職(7部門)と技術職(2部門)をそれぞれ1週間体験するプログラムです。イシダテクノをより理解するためにとても大切な経験となります。プログラム終了後、自分の希望する部門を3部門選びます。その中より、本人の適性、人員の空き、将来計画をもとに配属先が決定される制度です。私は、第一志望のソリューション2課に決定しました。

title1

配属後は、納品作業を手伝うことから始まりました。現場に到着してもわからないことばかりで、ただ先輩の指示にとまどうばかりの毎日でしたが、休憩時間や帰社後、作業のポイントごとに説明をしてもらい、また質問もしやすい環境だったため、とても勉強になりました。
徐々に作業の一部をまかせてもらえるようになったときにも、しっかりと確認のフォローをしてくれましたので不安はありませんでした。

title1

入社して1年半ほどで、先輩のお客様の引き継ぎをしてもらいました。ただ引き継ぐだけでなく先輩のアドバイスで、「頻繁にお客様を訪問し顔を覚えていただくこと」を実践したおかげで徐々にお客様よりお声をかけていただけるようになりました。 先日、1人での営業活動で商談を進めて、初めて契約をいただくことができました。とてもうれしかったです。しかし、この契約に成功したのはこれまでお客様との信頼関係を積み上げてきた先輩のおかげです。自分でも同じようにお客様と信頼関係を築けるようになるのが今後の目標です。現状に満足せず、日々挑戦して行きたいと思います。

title1

bg_02

セッティング

納品前の機械にお客様の要望を満たす、細かなセッティングをしていきます。
会社で実際に動かしてみたり、正常に運用できるかを検証していきます。

bg_04
bg_02

納品

実際の現場に納品して、スタッフの方に運用のための説明、マニュアル作成などを行います。
操作方法やトラブル対応の仕方などの説明会を開くことでお客様をサポートしています。

bg_04

title1

img3
インタビュー
応募フォームはこちら
  • 採用情報
    現在募集中
  • ニュース
イシダテクノブログ

more

お気軽にご相談ください
iso
名古屋認定優良エコ事業
topbtn
Copyright(c)ISHIDA TECNO Co.,LTD All Rights Reserved.