先輩インタビュー
img1

title1

大学卒業後、学内企業展で知った機械系メーカーの営業職に就職しました。今思えば選んだ理由は漠然としていて、大学での専攻が文系だから何となく営業職で、給料が高い、休みが多い、規模が大きい程度の理由でした。実際に会社訪問もしたのですが、うわべだけの見学しかしていなかったため、入社後のギャップが大きく、自分に全くあっていないことに気づきました。このままで良いのかさんざん悩んだ末、出した結果が転職でした。

最初のスタートでしくじってしまったことで大きく自己嫌悪に陥っていました。そんなとき出会ったのがイシダテクノでした。前回と同じ選択間違いをおかさないよう慎重に考えました。人事担当者から聞かされたアットホームな社風、1人1人を大切にした人材育成、全社員が必ず参加する各種プロジェクト活動など、今までの会社選択基準を見つめ直す内容でした。
自分がこの会社でどのような職種につき、どのような業務をするのか、何ができるのか、やりがいはあるのかをイメージするようにしました。会社見学では積極的に質問し、納得できるまで見学を行い、社員間のコミュニケーションのよさを感じたとき、この会社でチャレンジしようと思い入社しました。

img1

title1

イシダテクノでは、技術サービス事業部を希望し、機械の修理メンテナンスを担当することとなりました。営業職から技術職への転身となったわけですが、これは前職での新入社員研修で機械修理を体験した時にその楽しさを体験していたからです。さらにイシダテクノの技術職は、単に機械を修理するだけではなく、お客様とコミュニケーションを取りながら製品の修理や営業マンと連携した仕事にも関わることができますので、自分の営業経験を生かすことができると思ったからです。

img1

title1

配属されたものの、最初は修理どころか工具の名前さえもわからず、先輩社員の足を引っ張ってばかりの毎日でした。失敗と挫折続きの毎日でしたが、そこから学ぶことも多く、その時の経験が今とても役立っていると感じています。地道にしっかりと学んでいく姿勢の大切さを忘れず、「知識」と「経験」の両方を意識しながら仕事を覚えていきました。

title1

各種資格の取得やメーカーの研修、その他講習会に積極的に参加し、1日でも早く、お客様から信頼される「技術」や「サービス」を提供できるように日々技術を磨いています。お客様からの「この前はありがとう」と感謝の声を頂くと、本当にうれしく思います。あらためて自分の関わった仕事で1人でも多くの方に喜んで頂きたいと感じる瞬間です。自分の理想とするレベルまではまだまだほど遠いですが、この会社で1歩1歩確実に前に進みたいと思います。

title1

bg_02

納品・稼働

お客様の操作で気をつける点をしっかりとお伝えし、運用出来るようにサポートしています。

bg_04
bg_02

アフターメンテナンス

納品後の運用で見つかった要望などを聞いて、より良いものにするため改善を繰り返していきます。
時間があれば、用事が無くても顔出しなどをして、困っていることがないかを聞き、営業にトス上げもしています。

bg_04

title1

img3
インタビュー
応募フォームはこちら
  • 採用情報
    現在募集中
  • ニュース
イシダテクノブログ

more

お気軽にご相談ください
iso
名古屋認定優良エコ事業
topbtn
Copyright(c)ISHIDA TECNO Co.,LTD All Rights Reserved.