物流分野

物流分野

社会情勢の変化により、急速に変革する物流環境において、センターでは、より迅速な仕分けが求められています。精度の高い物流を実現するため、効率化・時間短縮を可能にするシステムをご提案します。入荷から出荷までの全行程をデジタル統合することで、新たなロジスティクスソリューションの提供を目指します。

img1

各種倉庫・工場、運輸、出荷センター、配送センター、チルドセンター、
物流センター、各種卸売

btn_01 btn_01

title2

素早く正確な荷受け・検品作業を実現する

入荷検品システム

入荷時は、無線ハンディターミナルで、どこでも素早い検品作業を実現。ミスを極限まで減らした正確な入荷検品作業は、後工程の作業時間の短縮にも繋がります。

リードタイムを大幅に短縮

ピッキングシステム

多品種・小ロットの傾向が進む今日、物流センターでは、膨大な商品をよりスピーディーで正確に仕分けられるピッキングシステムが求められています。ピッキングしながら同時に計量・検品が行えるシステムはリードタイムの短縮と出荷精度向上に力を発揮します。


リードタイムを大幅に短縮

出荷検品システム

物流が止まるとモノの動きが止まってしまいます。いつ何時でも、正確な物流を実現するため誤出荷を減らす必要があります。誤出荷を減らすことで、作業ロスも減らすことででき、コストダウンにも繋がります。「鮮」を追求し、常に新しいロジスティクスソリューションをお届けします。

title2

背景

急速に変革する物流環境に対応すべく、より迅速な仕分けへのニーズが高まり、精度の高い通過型物流をスピーディーに行うため、作業効率化が求められています。また、熟練者でなくても迅速で確実な作業が行える様な作業標準化を課題としています。

ソリューション

入荷からピッキング、出荷までの全行程をデジタル統合します。入荷時は無線ハンディターミナルで、素早い検品。ピッキングは、表示仕分けシステムで作業のスピードアップを可能にします。出荷までの工程を一元管理することで出荷ミスも減らします。

導入後の結果

一元管理により、リードタイムの短縮と出荷精度の向上を実現。工程管理による作業効率化、デジタル管理によりペーパーレス化を可能にします。さらに、管理システムでは作業実績をデータ化、リアルタイムに収集し経営改善にもご活用いただきます。

zu_01

otha

問題が解決できたお客様インタビュー

formbtn
  • 採用情報
    現在募集中
  • ニュース
イシダテクノブログ

more

お気軽にご相談ください
iso
名古屋認定優良エコ事業
topbtn
Copyright(c)ISHIDA TECNO Co.,LTD All Rights Reserved.