main

title

2021.07.01

SA課のご紹介

こんにちは。イシダテクノソリューション事業部SA課入社3年目の都築です。

今回は、SA課についてご紹介しますhappy01

 

まず、SA課のSAとは、ストアオートメーション(Store Automation)の略です。

スーパーマーケットや百貨店などの小売業の店舗における業務を自動化して、機械の導入やIT化を進めることにより業務の効率化を図るため【小売業に携わる方のお手伝い】をしています。

 

今、コロナ禍typhoonで世の中も大きく変化し、店舗が抱える課題も多様化し、

食の安全・安心はもとより、店舗における感染防止対策の実施が重要視されています。

また、コロナ禍での生活様式の変化に伴う食の変化は、小売業へ大きな影響がありました。sign03

 

イシダテクノのソリューション導入例

例えば、売り場にトレー包装されたお肉やお惣菜などが並んでいますね。

オートパッカー.pngのサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像のサムネイル画像

手作業で行うと、

 ①肉などを計量する

 ②包装する

 ③ラベルを印字し貼付ける

と3つの工程が必要になり、それぞれ手間と時間がかかってしまいます。

そこに【自動計量包装値付機】を導入すると、この3つの工程をたった1台で

自動化することができます。

UNI-9.png

 

 

また、スーパーマーケットなどで、肉や惣菜の量り売りを目にしたことがあるでしょうかsign02

そこで使用されているのが【対面計量プリンター】です。

商品を乗せるだけで、重さを計って金額を自動で計算して、ラベルを発行する優れ物です。

 

 

自動で計量・包装等をする機械以外にも人手不足の解消につながるのが「プライスカード」(値札)の管理です。

お客様のニーズにあわせて新商品を企画したり、特別価格への変更があるたびに、手作業でひとつひとつ「プライスカード」を付け替えていくのは、かなりの人手が必要になりミスに繋がることがあります。

プライスカード.jpg

イシダテクノでは「プライスカード」を【電子棚札】に変えるご提案をしています。開店前の「プライスカード」の貼替え作業が不要となり、少人数でもミスのない売場づくりが可能になります。

 

このように、SA課では、お客様の人手不足による省人力化や生産性向上をするための課題解決のご提案を日々行っています。

 

最後に、私が入社してから自社の製品がとても身近な場所にたくさんある事を知り、イシダテクノの一員として携わっていると思うととてもやりがいを感じます。

SA課ではチームで協力して業務を行うことがあり、チームで協力して業務を遂行した時はとても達成感を感じます。

また社員同士の仲もとても良く、仕事のことでわからないことがあった際、熱心に教えてくださる先輩社員がたくさんいます。

私もそんな先輩社員のように1日でも早く一人前になれるように頑張りたいです。up

 

 

formbtn
  • 採用情報
    現在募集中
  • ニュース
イシダテクノブログ

more

お気軽にご相談ください
名古屋認定優良エコ事業
topbtn
Copyright(c)ISHIDA TECNO Co.,LTD All Rights Reserved.