main

title

2017.05.31

機械保全技能検定の受験

第83回

 

皆様、こんにちは!技術サービス事業部の西田亮です。

私は中途入社で昨年9月に入社し、今年の5月で8ヶ月になります。

主に携わっている業務は、イシダ製計量器や計量値付機、スーパーで陳列されているお肉やお魚を包装するオートパッカー(自動包装計量値付機)と呼ばれる包装機などの修理を行っております。

機械修理の仕事に携わるのは初めてでしたので日々悪戦苦闘しながら、わからないところは先輩方に教えて頂き、日々が勉強の毎日です。

 

今回、私が紹介させて頂く内容は7月に受験する国家資格「機械保全技能検定」の合格の準備で、4月8,9、22、23日の4日間でポリテクセンター岐阜で行われた機械保全研修についてご説明いたします。

 

岐阜ポリテクセンター.JPG 教室.JPG

     岐阜ポリテクセンター        岐阜ポリテクセンター教室

 

機械保全とは設備の劣化や故障を予防し正常な状態を維持し保全する重要な仕事です。

研修内容としては、ネジの種類やボルトの適正締め付け力、グリスの用途など様々です。

講師の方には一から丁寧に教えて頂き、項目によっては詳しく中身を掘り下げて説明をして頂くこともあり、とても勉強になりました。

普段なかなか見ることができない工作機械を見ることができました。その中で実際に金属を加工する研削盤で金属を切削したり、また計測器のマイクロメータの使用方法を実演して頂いたりと大変勉強になることが多かったです。

細かな点を含めましたら覚えることが大変多いのですが、こういう知識の積み重ねて実際に活かしていくことにより、壊れてから修理するのではなく、保全をすることによってお客様に安心して使って頂く事が何よりも大事なことであると学びました。

 

潤滑油.JPG ギア.JPG

       潤滑油                ギア  

 

今は初めて経験することが多く現場で悪戦苦闘の日々ですが、こうした勉強や日々の経験を重ねていくことにより、お客様によりよいサービスと満足を提供できよう日々精進していきます!

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

formbtn
  • 採用情報
    現在募集中
  • ニュース
イシダテクノブログ

more

お気軽にご相談ください
iso
名古屋認定優良エコ事業
topbtn
Copyright(c)ISHIDA TECNO Co.,LTD All Rights Reserved.