main

title

2017.04.10

第51回スーパーマーケット・トレードショー2017

第82回

皆様、こんにちは。

ソリューション3課の原です。

今回は、2月15~17日に幕張メッセにて開催されたスーパーマーケットトレードショー(SMTS)についての話題です。

 

SMTS.png

 

SMTSとは、毎年この時期に開催される日本最大の流通小売業向けの展示会です。

これまでは毎年東京ビックサイトで開催されていましたが、今年は東京オリンピックの準備の為か千葉の幕張メッセで開催されました(名古屋からだと遠くなってしまったのは残念ですが・・・・)ほぼ全館を借り切っての展示会になります。

ここで私たちは、イシダブースに来場されたお客様のご案内をしておりました。

今年のSMTSの来場者数は3日間で86,768名にも上り、イシダブースも連日大勢のお客様に来場いただきました。

 

幕張2.JPG

 

イシダブースでは、POSレジ(皆さんがスーパーでよく目にしているレジです)から自動計量包装値付機(トレーに入った肉や魚をラップ包装し値段ラベルを貼る機械)やラベルプリンタなどの流通機器、金属検出機やX線検査装置などの検査機器や生産ライン・物流の仕分け等イシダらしく生産から販売までの展示でしたが、システムを活用しお客様の困りごとを解消する提案もかなりのスペースを割いて、展示されていました。

その中でも思いっきり未来志向だったのが、人口知能搭載+ロボット+自動包装値付機による無人包装の実演でした。実はこれ何気にすごい技術なんです!

まずカメラで捉えた画像で商品が何かを人工知能が判断しロボットが商品を呼び出します。

次にロボットがトレーを供給し自動包装値付機が値付包装、出来上がった商品を再びロボットが品出し用のカートに並べるという内容です。

ただし現時点では動きが遅くてとても実用段階じゃないですが・・・

自動車組み立てラインの様にロボットがスーパーの作業場に立って作業する日がいつかやってくるかも知れません。

 

幕張3.jpg

 

AI(人工知能)が人の作業の手助けをしてくれる未来を夢見ながら、今は出来る事を精一杯頑張って行こうと新たな決意をさせてくれた健気なロボットさんの話でした。

 

その他には現在社会的の課題となっている、人手不足を解消する提案や顧客満足度・従業員満足を上げる提案、高齢化社会への対応等、紹介したい事はたくさんありますがこちらはまたの機会を頂けましたらにしますね。

 

この展示会は機器関係のみならず食品メーカーさんも数多く出店されています。

私たちのゾーンは機器関係とお菓子関係の業者さんが多いのですが、別のゾーンには加工食品や酒類、生鮮、地域産品などが集まっているエリアもあり、そこへ行った当社のメンバーの報告によりますとまるでお祭り会場の状態だった様です。

ちなみに私は行ってません。

 

まあ毎年のことですが、嵐の様な慌ただしさの展示会でした。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

formbtn
  • 採用情報
    現在募集中
  • ニュース
イシダテクノブログ

more

お気軽にご相談ください
iso
名古屋認定優良エコ事業
topbtn
Copyright(c)ISHIDA TECNO Co.,LTD All Rights Reserved.