main

title

2016.07.14

安全運転のための運転適性診断について

第68回

皆さんこんにちは!ソリューション5課の大原です。

今回は、先日行われた運転適性診断について紹介させて頂きます。

今回の取り組みはイシダテクノ社内の委員会である「安全衛生委員会」の活動で「春の交通安全運動」の一環として、イシダテクノとしては始めて実施されたものです。対象者は、会社の車を利用する若手社員と過去3年以内に事故を起こした社員が対象です。

受講場所は会社の会議室、受講者は2名ずつに別れ、パソコンの画面に実際の運転席から見える画面を映し出し、画面に従い簡単なハンドル、ギア、ブレーキ、アクセルを操作するというもの。簡単に言えば、ゲームコーナーにあるレーシングゲームの様なものです。受講者は、パソコンから流れる操作説明を聴いた後に、本番のテストに臨みました。

終わってみると、もうチョットこうすれば良かったとか、ああすればうまく運転できたとか、反省しきりでしたが、内心ホッとする自分もそこには居ました。

 

無題.png

                                   ↑実際のテストの風景です。↑

 

そして、診断結果はすぐにプリントアウトされ、私は5段階評価の3ということでした。これは、日頃の運転活動に少しブレーキをかける心がけを必要とするという結果だそうです。自分としては、過信していたわけではないのですが、かなり運転には自信があったのですが、年齢?のせいか、自分としてはガッカリな結果でした。しかし、この結果を真摯に受け止め、今後の活動に活かしていきたいと思っております。安全運転に対する意識を改めて強く持つ機会にもなりました。

これを読んでいる皆さんも、改めて日頃のご自分の運転や交通ルール等を考えてもらえると幸いです。読んで頂きありがとうございました。

 

次回は、先日社内で行われたパソコン講習について管理部の松岡さんが書いてくれます。

それでは松岡さん、よろしくお願いします。

formbtn
  • 採用情報
    現在募集中
  • ニュース
イシダテクノブログ

more

お気軽にご相談ください
iso
名古屋認定優良エコ事業
topbtn
Copyright(c)ISHIDA TECNO Co.,LTD All Rights Reserved.