main

title

2016.07.01

2016年度 新人/期中入社サービスマン(流通系)基礎研修会

第67回

みなさん、初めまして!

技術・サービス事業部所属の中山です。

今回は、私の自己紹介と流通系サービスマン基礎研修会について、

書いていきます。

 

私は、4月に新入社員としてイシダテクノに入社しました。

自己紹介ということで、私の趣味の1つに魚釣りがあります。その中でもこの夏は是非みなさんにおすすめしたいものがあります。それは、ニジマスの釣り堀です!!

 

趣味1.png ニジマス.png

   【子供たちが釣をする光景】    【おいしいニジマスの塩焼き】

 

 自然に触れ合う事は、心身共に癒されます。

子供大人問わず、安全に気軽に楽しめると思いますので、是非この夏地元の釣り堀へ足を運んでみてはいかがでしょうか?

簡単ですが、自然に触れ合う事が大好きな私の自己紹介でした。

 

次に今回私が参加した、流通系サービスマン基礎研修をご紹介します。

今回の研修は、イシダグループの新人研修・期中入社のサービスマン(機械の修理を行う社員)を対象にした研修で、5月9日~5月27日の3週間かけて行われました。

研修の目的は、新人技術員向けの計量器及び、包装機のメンテナンス知識・スキル習得をする事です。

機械に今まで携わっていなかった私には、土台を固める大きなチャンスになると思い参加しました。

研修1週目は、ハカリ及び、産業機械系の器物の概要についての講座を受けました。

ハカリを扱う上で、基礎知識になる計量法やロードセル(ハカリの心臓部)の仕組みや作業機械系の器物などを勉強しました。

普段の業務では、学べない知識を得る事ができ、とても勉強になりました。

 

研修2週目からは、包装機の仕組みと修理についての講座を受けました。

包装機には、様々な役割を持つパーツが多々あります。パーツごとの役割と破損した部品を交換できるように、下の写真のように分解組立の作業を行いました。

 

中山 写真1.jpg 中山 写真②.jpg

【フィルムをつかみ送るパーツ】      【フィルムロールを支えるパーツ】

 

普段の現場では、機械の稼働を最優先と考えるため、ゆっくり機械に触れる事ができません。しかし研修では、実際に時間をかけて機械に触れて、疑問などは講師の方に質疑応答が出来たので私自身の機械に対する知識やスキルの成長を多く感じる事ができました。

又、全国のイシダグループのサービスマンや講師の方々と交流を深める事ができました。次に会える日が楽しみです!

研修から戻り日常業務に戻った後は、研修で学んだメンテナンス知識を取り入れることにより、先輩との修理の同行での視野が広がりました。

流通系サービスマン基礎研修会に参加でき、本当によかったです!

次は、「さらなるお客様満足度向上」をテーマとした、CSマインド育成研修に参加する予定です。様々な研修に参加し、知識を増やす事が今の私の楽しみです!

 

次のブログは、先日行われた「運転適性検査」について大先輩の大原さんが書いてくれます。それでは大原さん、よろしくお願いします!

formbtn
  • 採用情報
    現在募集中
  • ニュース
イシダテクノブログ

more

お気軽にご相談ください
iso
名古屋認定優良エコ事業
topbtn
Copyright(c)ISHIDA TECNO Co.,LTD All Rights Reserved.